FC2ブログ
黒金日記
アニメの感想を中心に方針転換
2018/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018/08/17(金) 23:43 その他
リレー小説企画『新生世界 ~Brand New World~』概要
―あらすじ―
ありとあらゆる次元、時空、世界が混じり合い、一つとなった現象『世界融合』が発生してから早数年

混迷を極めた時代は落ち着きを取り戻し、人々の生活は、少しづつではあるが日常に戻りつつあった

これは、そんな世界に生きる人々の物語

・・・と言った感じの、版権クロスオーバー二次創作オムニバス小説です



―執筆ルール―
この作品は同一の世界観を共有して各々の物語を紡ぎあげる、所謂「シェアワールド」方式の二次創作小説となります。
現在、執筆者募集中です。
参加希望の方は、私宛に当サイトの内のメール、又はTwitterの方から参加表明のリプライをお願いいたします。

■執筆上の注意事項

・各参加者が参戦させたい作品についてですが、特に制限は設けません
 ただし、良識の範囲内での作品をお願い致します。

・既に他の参加者が参戦させている作品については、参加者全員が使用して構いません

・活躍させすぎない範囲であれば、ある程度オリジナルの設定や人物を登場させても構いません
 ただし、オリジナルの設定や人物を登場させる場合、設定や人物についての解説を作成して下さい

・各参加者のルートの先頭には、そのルートでの参加者及び参戦作品の一覧のページの作成をお願い致します
 また、他参加者のルートへの介入は原則として禁止と致します

・分岐の作成につきましては、原則3ルートまでとさせて頂きます



―作品の方向性―
ざっくりと言えば、スーパーロボット大戦Zとか無双OROCHIとかそんな感じです
スーパーロボット大戦X-Ωのように「執筆者ごとに世界がそもそも違う」みたいなのも考えたんですけど、これは保留
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2015/10/22(木) 23:48 その他
リレー小説「G.A.M.E ~異世界英雄譚~」 概要
このリレー小説は、様々な版権作品が登場し、それぞれの作品の登場人物が異世界に飛ばされてしまう・・・という内容のクロスオーバー小説です
http://ramify-story.com/r/36518


執筆者はそれぞれ自分の好きな作品のキャラでパーティーを組み、冒険に出発します
それぞれの執筆者のストーリーは独立していて、同じ世界の違う場所での出来事という事になっています
つまり、自分の始めた分岐の話のみに続きを書いていく形となります
パーティーの人数は決まっていませんが、自分の捌ききれる人数がベストだと思います
また、登場させたい版権作品についてもアニメ、漫画、小説、特撮、特に制限は設けません
他の人が登場させた作品については、全体での登場作品という形になりますのでどのルートで使っていただいても構いません
登場させたキャラについても、ゲストキャラという形であれば使うのは問題ありません

冒険の目的についても、特に指定はありません
オススメは元の世界への帰還ですが、各々がそのパーティーに何をさせたいかを考えて動かすのが良いでしょう
他の人が執筆している話とのクロスオーバーがあっても面白いですが、他の人のパーティーを壊滅させてしまう、殺害してしまう等の迷惑行為は禁止です

世界観についてですが、異世界という事でファンタジー世界をベースとしています
が、あくまでベースとなっているだけで、地域によっては現代であったり、未来であったりします
また、版権作品の街が存在していても面白いです
つまりは、ごちゃまぜになっている世界観という事です

オリジナルキャラとして登場人物をこの世界に呼び寄せた「ゲームマスター」という存在を用意します
このゲームマスターは、執筆者によってどのように描写しても構いません
また、登場させるかも自由です

要はドリフターズとかACE.Rとか無双OROCHI的なことをやりたいという事で

詳細や参加希望は私のTwitter又はR*STORYアカウントまでお願いします
Twitter上のハッシュタグは『#小説GAME』です

コメント:0 トラックバック:0

2015/10/17(土) 22:12 その他
リレー小説企画「G.A.M.E」 概要
リレー小説企画概要

・タイトル
「G.A.M.E」

・内容
様々な版権作品のキャラクターのみが異世界に飛ばされてなんやかんやする
出てくるのは主役級及び敵のみ?
バトル物だけでなく日常物のキャラを出演させても面白いかもしれないが、扱いは難しくなりそう
ロボットは登場させても構わないが、あまり出し過ぎると後々扱いに困るかも
味方側の最終目的は自分たちの世界への帰還
元になった作品の世界は出てこないが、特徴的な建造物や街などは出てきても面白いかもしれない
要はドリフターズとかACE.Rとか無双OROCHI的なことをやりたい

参戦作品は事前に決めず、都度追加していく形で

・ストーリー
各々が好きな作品のキャラを使い、全く別の話を作り上げる
この場合、話同士のクロスオーバーはあってもいいし、完全に独立していてもいい

要は、各々が好きな作品のキャラでパーティーを組み、この異世界で何かをする
目的は元の世界への帰還であっても良いし、ゲームマスターを倒すことでも良い
その世界に住むことや、悪の限りを働くのも面白いかもしれない
若干TRPGのようなリレー小説になるかもしれない

・世界観
ファンタジー世界をベースにするが、地域によっては現代だったり未来だったりする
場所によっては版権作品の街があったりしても良いかもしれない
要はごちゃまぜ

・参加者
未定
現在自分含め2人

・オリジナルキャラ
オリジナルキャラとして黒幕である「ゲームマスター」を用意する
それ以外に登場させるかは不明
ゲームマスターは高次元生命体であるため特定の姿形を持たない、見る人によって異なる
=書き手によって自由に描写してもらって構わない
また、必ず話に登場させる必要はない

・連載場所
R*STORY様
http://ramify-story.com/
Twitterでのハッシュタグは #小説GAME を使う予定

詳細は私のTwitterまでお願いします

コメント:0 トラックバック:0

2014/08/17(日) 22:08 ゲーム感想
ゼルダ無双感想(ネタバレ無し)
ついに発売となったゼルダ無双!
まだ購入を迷っている方も多いようなので、こちらに感想を書いていこうかと思います。
こちらは極力ネタバレは無しの方向で書いていきます。

まず、結論から言うと「非常に面白い!」です!
ただこれは自分がゼルダの伝説シリーズと無双シリーズ両方が好きだからかもしれませんが。
逆に言えば、両作品が好きな人にとっては間違いなく「買い」な一本です。

ゲームとしては「無双シリーズにゼルダの伝説シリーズのエッセンスを加えた」形になっており、基本は無双シリーズベース。
そこにアイテムや宝箱、ボス戦などゼルダの伝説シリーズの要素が加わっています。
このゼルダ要素が無双シリーズのゲームとしての面白さを崩さない程度に程よく+されていてゲームの面白さを高めています。
また、従来の無双シリーズとしてのゲーム部分も細かい部分が改善されていて、「救援のわかりやすさ」や「ゲームオーバー時のステージの中間地点からの再開」など、初心者にも優しい仕様となっています。
特に後者は、今作では1ステージが20~30分程度かかるため、大変ありがたい仕様です。
1ステージ辺りの敵の数もとても多いため、1000人切りは当たり前、2000人切りもステージによってはラクラク達成出来ます。

次にストーリーですが、濃厚なストーリーを期待している人にとっては肩透かしを食らうかもしれません。
エンディングまでのステージ数もさほど多くなく、クロスオーバーもそこまでではないのでここは少し残念でした。
またキャラクターも、公式で紹介されている以外のキャラは殆ど出ず、各作品のモブキャラの出番はスカイウォードソードのナリシャ以外は全くありません。
そのナリシャ様も1ステージだけの出番なのでここはガッカリポイントでした。
他にも、「公式で紹介されているキャラ全員がストーリーで使えるようになる訳ではない」という点も残念。
ただ、その分アドベンチャーモードはストーリーモード並みに遊べる物になっているのである意味ではこっちも本編とも言えるかもしれません。

アドベンチャーモードは、従来の無双シリーズの修羅モードやクロニクルモードなどと似たようなものですが、今作ではこちらの作りこみもしっかりしています。
各ステージごとに様々なシチュエーションでの戦闘を楽しめ、パターンもそこそこ多いのでかなり楽しめます。
ただし、一部ステージのSランク勝利条件がかなり厳しいものがあるのでそこは注意。

グラフィックや音楽はかなりクオリティが高いです!
音楽のアレンジは素晴らしく、ゼルダの伝説のBGMを上手く無双アレンジしてあります。
ステージのゼルダっぽさや再現度も高く、特にスカイロフトと封印の地の再現度は非常に高いです。
また、アドベンチャーモードの8bit風のキャラクターやアイテムなども嬉しいポイント。

全体としては、ゲームの作りこみ部分から小ネタ、グラフィックや音楽に至るまで開発者のゼルダ愛を感じる無双作品なので、両作品が好きな方は勿論、無双シリーズ未プレイの人にも是非プレイして欲しい作品となっています。

コメント:0 トラックバック:0

2013/08/26(月) 23:01 その他
第1回ロボットアニメクラスタ「うろ覚絵」選手権 概要
ルール説明
参加者はそれぞれ2つづつお題(キャラ名)を出す
そのお題を「資料を見ずに」描き上げる(全く知らないキャラだった場合のみ事前調査はOK)
絵はアナログ絵でもデジタル絵でもOK
描き上げた絵はTwitterかSkypeで主催者である僕に渡す
(締め切りは9月初旬頃)
その後、絵をまとめ動画にする
お題と関係ない絵を追加で描いてもOK


参加者およびTwitterID
・私(yumebon)
・朱音鳥さん(akanebird)
・Pちゃんさん(PhysalisChan)
・むねみつさん(Mnmt_W)
・羊会長さん(kaityo_hituzi)
・うけねさん(Bern_UKN3110)


お題
マリオ(マリオシリーズ)
ピカチュウ(ポケモンシリーズ)
ドナルドダック(ディズニー)
グーフィー(ディズニー)
キルコさん(新米婦警キルコさん)
ゲッターロボ(ゲッターロボシリーズ)
ダンバイン(聖戦士ダンバイン)
レイズナー(蒼き流星SPTレイズナー)
ディー・カイゼリン(花の詩女ゴティックメード)
エルガイムMk-Ⅱ(重戦機エルガイム)
音無小鳥(アイドルマスターシリーズ)
仮面ライダーV3(仮面ライダーV3)

コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。